某施設のドアですが、ドアクローザーが油圧漏れしているため、

調整が効かない状態で、開閉が危ないので交換することになりました。

ドアクローザーにも様々な種類・方式があるので、現状の採寸取りが重要です。

今回は、取寄せ品となってしまった為、後日入荷後交換となりました。

ドアクローザーは、本体に油漏れの症状が出てくると、

交換時期の目安となります。

そのまま使用し続けると、開閉スピードの制御が出来なくなり、

危険を伴いますので、もしお気づきの点があれば調査いたしますので、

ご相談下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA