本日、お客さま宅の納屋の壁修繕をやらせていただきました。

昔の納屋によく使われた土壁の為、経年劣化で表面が剝がれて

しまいました。

今回はアルミ樹脂パネルを使用し、大壁収まりで施工することにしました。

木下地を組んで、樹脂パネルを張付け施工していきました。

これで剥離することは無くなったので、雨風が強い日も安心出来ると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA