お客さまの依頼で、浴室の折れ戸修理をさせていただきました。

現状では、ピボット戸車の摩耗破損により、開閉の動きが悪くなっていた為、

無理やりの開閉となっていたらしく、カマチと桟のネジが外れてずれて

いました。

まず折れ戸をバラし、ネジ補強を施し組み直して

ピボット戸車を交換いたしました。

折れ戸の場合、ピボット戸車の動きが渋くなってきたら、点検・調整と、

必要によって、早めの戸車交換をオススメいたします。

丁番ドアよりも、機構的に負荷がかかる方式ですので、注意が必要ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA