本日は、ブラインドの操作が不能になってしまった為、

交換することになりました。

事前にブラインドのタテヨコ寸法と、取り付け方法・操作の向きを

現調しておきましたので、ピッタリ納めることが出来ました。

ブラインドはどうしてもヒモの部分から傷んでしまい、ヒモが切れてしまう

ことになりますので、早めの点検・メンテナンスが必要です。

切れてしまったヒモのメンテナンスも承っておりますので、

一度、お気軽にお問合せ下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA