本日は、お客さまからの依頼で、入口ドアのドアクローザーの油圧が抜けて

調整が不能となったため、クローザー交換をやらせていただきました。

クローザーブラケットの形状が既存と違う為、穴位置の要加工でしたが、

取付け・調整をして、無事完了いたしました。

ドアクローザーも消耗品ですので、一定回数を超えると不具合が増えてきます。

まずは調整可能かどうか、お伺いして診断出来ますので、

お気軽にお問合せ下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA