お客様のご依頼で、ドアクローザーの状態を見させていただいたところ、

クローザー本体からオイル漏れしている状況でした。

開閉スピード調整してみたところ、やはり調整は不可能でした。

クローザーからオイルが漏れてくるようになると、大抵調整が不可能になって

きます。本日もこのケースに当てはまります。

調整が出来ないと、開閉スピードが調整出来ないので、勢いが早く危険です。

その為、衝撃でガラスが破損する可能性もあります。

お客様には、修理不可にて要交換です、と伝えて交換することとなりました。

新規クローザーが入荷次第、交換に伺います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA