お客さま依頼で、玄関引戸のリフォームをやらせていただきました。

今回も既存引戸とランマ部分を外し、既存枠をそのまま使用する

カバー工法です。

なんといっても、沓摺下枠の撤去・新規埋設が省略されるので、

工法的に手間が少なくなります。

とはいっても、端部仕上げが重要なのは変わりありません。

今風の通し障子になり、スッキリした印象となりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA