本日は、某集会所入口ドアのフロアヒンジ交換を行いました。

現状で、水分が侵入しサビて膨れ上がってしまい、

ドアの開閉も困難な状態でした。

カバーを開けてみるとやはりヒンジ全体がサビだらけ!

ヒンジケースまでサビでボロボロだったので、ケースごと入れ替えることに

しました。斫り作業を駆使してケースを撤去し、新しいケース・ヒンジ本体を

施工いたしました。

ヒンジドアは堅牢なのですが、サビが侵攻してくると入れ替え作業は困難です。

やはり、早め早めのチェック・メンテナンスが必要ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA