某所、入口ドアのフロアヒンジが錆びて腐食し、開閉調整も不可となった為、

交換作業を行いました。

今回はフロアヒンジを収めているケースまで腐食してしまった為、

ケースごとハツリ撤去となりました。

新規ケースがおさまるようまわりをハツリ、新規ケースをモルタルと共に

埋設していきます。

ドアを吊り込んで、建付け調整してカバーを取り付けて完了です。

これで、ドアもゆっくり閉まるようになりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA