本日は、たて続けにガラス修理の依頼があり、対応してまいりました。

なかでもよくあるパターンとして、ガラスを巻いてあるグレチャンという

パッキンがヘタってしまっていることがあります。

これはグレチャンが硬化してしまい、本来の柔軟さが無くなってしまって

ガラスがサッシに触れてしまってガラス破損するケースもあります。

なので寿命がきているモノは確認の元、交換させていただいております。

気密性も低下しますし、値段も高くはないのでやっておいて損はないと思います

桜川市のガラス修理なら、ぜひ弊社にお任せください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA