某施設の引戸ですが、鍵がかからなくなってしまったので、修理依頼を

いただきました。

確認してみると、内締まり錠の位置がずれて鍵がかからなくなっていたようです

ストライク側のプレートのネジ穴加工を行い、建付け調整後、鍵調整を

行って修理完了しました。

引戸の鍵は、戸車の摩耗などで建付けが狂ってくると、鍵位置もずれて

きます。

なので定期的な鍵の調整が必須です。よくある事案として、

戸車がガタガタに摩耗している状態で鍵がかからない!、

というお客様がいらっしゃいます。

どこかの動きが悪くなってきたら、早めのメンテナンスをオススメいたします。

結果的に長く使用出来るようになりますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA