某施設で、鍵の交換の見積り依頼を受けまして、現調してきました。

ドアノブのほうは、対応可能と判断出来ましたが、フロアヒンジドアの

ほうは持ち帰り調査となりました。どちらも年数が経過している為、

廃版の可能性が出てきます。

上手く代替品があれば良いのですが、近似品にて要加工ということも

少なくありません。

その為、キッチリ現状を調査しておかないと、いざという時に

お手上げになってしまうこともあり得ます。

そういうことで、丁寧な現調が必要となってくるわけですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA