本日、作業をやらせていただいたのは、玄関ドアのレバー錠修理です。

現状で、レバー錠引手ラッチが硬く、開閉が困難というので見てみました。

確認すると、たはりレバーラッチが重くてスムーズに動きません。

なのでお客さま許可のもと分解そてみると、ラッチ内部にゴミ・サビ等が

びっしり付着していました。

クリーナー等でこれらを除去し、再度グリスアップしてみたところ、

動作がスムーズに戻りました。

今回は、分解・清掃で回復しましたが、レバーラッチも消耗品の為、

清掃不可の場合、交換が必要となることもあります。

一度、心当たりがあればお気軽にお問合せ下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA