某学校なのですが、教室の引戸錠が開閉出来なくなったと言うので伺って

見てみると、錠内部の機構が摩耗していて空回り状態。

メーカーに問い合わせてみると同一規格のものがすでに廃版とのこと💦

現状展開されているものとは全く開口寸法等が合わない為、

開口を広げる加工をして取り付けを行いました。

引戸は木製建具なので、木ギリ・ノミを使用して開口を広げました。

取り付け後、鍵の調整を行って完了です。

竣工約30年も経つと、錠も摩耗してきます。まあ、一種の消耗品になりますので

鍵の掛かりがおかしい場合は、内部が摩耗している可能性がありますね。

弊社では、錠交換等も承っておりますので、何か疑問に思うことありましたら、

お気軽にお問合せ下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA