壁にモノがぶつかって穴があいてしまったので、修理を行いました。

まず現状の穴あき部分の周りを切り取ります。

下地の位置を留意して開口部サイズを開け、穴周囲に下地を取り付けます。

補修用のボード材をカットしてビス止めして、パテ掛けまで行いました。

後日、パテが乾燥後、不陸調整して塗装を行います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA